キャッシングの返済、ボーナス払いはアリ?

キャッシングベスト3

キャッシングの返済、ボーナス払いってアリなんですか!?

インターネットやコンビニATMの普及とともに、キャッシングでの借り入れは年々しやすくなっていると言えます。ただ、借りるのは簡単になっても返す際の負担というのは変わるものではありません。もちろん、法律の改正によってグレーゾーン金利が撤廃され、金利は以前に比べれば相当に下がっていますが、それでも銀行などの金融機関と比べれば決して低いとは言えないのが現状です。

キャッシングの返済方法といえば、一括返済や月々決まった額の分割返済が一般的ですが、業者によっては他にもボーナス払いという方法を選べるところがあります。ボーナス払いは、基本的には分割払いと同様に毎月数千円~数万円程度という金額での支払いを利息も含めて返し終わるまで続けていくのですが、夏と冬のボーナス月だけ通常よりも上乗せした金額を支払うことになります。ただし、上乗せできる金額は総額から見た割合で決められています。

ボーナス払いのメリットとしては、やはり収入に合わせた返済プランが建てられるので、家計管理がしやすいという点です。また、年に2回、通常よりも多く支払う月があることで、トータルで見ると返済期間の短縮につながると考えられます。ただし、本来であれば通常の月の負担を減らし、その分をボーナス月の上乗せにするという方法をとるとなると、少し話が変わってきます。この場合はトータルの返済期間は変わらないというだけでなく、本来であれば毎月支払っていくはずだった分を少し後回しにすることになるので、利息という面ではむしろ金額がかさんでしまいます。

また、ボーナス払いの不安点としては、ボーナスが確実に出るかどうかと言うところがあります。近年、不景気が長期的に続いており、ボーナスが減額、あるいはゼロになっているような企業も少なからずあります。万が一そうなった場合、ボーナス払いの上乗せ分は途端に家計に大きな負担をかけることになってしまうのです。

ボーナス払いに限らず、キャッシングの返済方法はなんとなくで決めてしまうのはおすすめしません。事前にメリットデメリットやリスクをよく考えて慎重に選ぶことが重要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 【レイクで借りる】※※初めての人でも迷わずスピード借りれ可能 All Rights Reserved.