無保証人で融資を受けたい!そんな人にピッタリの借入先とは?

事業をしている人が、融資を受ける際に保証人が必要になったという話を聞くことがあります。銀行が融資の際に、連帯保証人を立てる事を条件にしてくることがあるのですが、連帯保証人というのは、実は融資を受けた人と全く同等に債務を負うとされています。その責任は、一般に想像されているよりもさらにずっと重いものなのです。

絶対に自分が責任をもって完済するつもりであっても、一時的にであれ、身内や知人をそのような状況に置くのはあまりいい気分のものではありません。できればこんな思いをすることのないように、保証人なしで融資を受けるとすれば、どんな方法があるのでしょうか。

無担保無保証人といえば、まず消費者金融を思い浮かべてしまいますが、もちろん消費者金融でも事業主が融資を受けることは可能です。個人向けの借入とは異なる枠で事業主ローンがあり、こちらは総量規制もかかりません。審査も早いですし、手軽に借入れができるので、個人の事業主の人で利用している人は結構たくさんいます。金利が高い目だという以外には、特にデメリットはないと言えるでしょう。

銀行で事業主が融資を受ける場合も、自分で保証人を立てる必要のない融資があります。その代わりに、保証会社に保証を受けることになりますので、まずここの審査に通らないとお金を借りることはできません。実際にはこの審査にはなかなか通らないので、結局は他の手段を考えなくてはいけなくなる人は多いのです。

政府系の銀行にも、無担保、無保証人で融資を受けることができる「第三者保証人等を不要とする融資」という、読んでその通りの融資がありますが、この場合にもいくつかの条件をクリアする必要があります。それは、税務申告を2期以上行っていること、所得税などの未納や延滞がないこと、そしてその業績に於いて、融資に問題がないと認められることです。これもそれなりに条件は厳しいと言えます。

つまり、第三者や身内の保証人を立てないということは、その分融資の条件が厳しくなるということになってしまいますので、それに通らない人はどうしても一定数出て来ることになります。その人たちも、消費者金融であれば審査に通りますので、金利が高いのは我慢するしかありません。しかし、第三者を巻き込んで不幸が増えてしまうよりも、ずっといいかもしれません。知人や身内に頼まれて、連帯保証人になることを断り切れずに判子を押してしまった人の話がよく話題になります。その結果、悪くするとお金と人間関係を同時に失う恐れがありますから、連帯保証人を立てるということは、増やさないでもいい不幸を増やしてしまう方法だと言えるかもしれません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 【レイクで借りる】※※初めての人でも迷わずスピード借りれ可能 All Rights Reserved.